税務調査

税務調査体験事例

クラウド会計の罠? 

私が税理士業界に入った20年ほど前は経理といえば、手書きと会計ソフトの2択で、徐々にインストール型の会計ソフトを導入してご自身で帳簿を作成される方が増えてきたイメージがあります。 そして最近では会計ソフトをPCにインストールせずにクラウド上...
税務調査体験事例

倒産防止共済掛金に関する明細の添付漏れに注意

節税策として非常に有名な倒産防止共済。 法人では頻繁に目にしますが、個人ではそれほど加入者は多くないイメージです。(個人の場合、累進税率であり出口課税についても検討が必要なことも影響しているかもしれませんが・・・) この倒産防止共済。 実は...
業種別税務調査ポイント

接骨院・整骨院の税務調査

接骨院の収入は窓口での患者さんからの現金収入、クレカ決済など以外にも保険請求、自賠、労災などもあり、経理は意外に複雑です。 また、業務内容も多岐に渡るため消費税の計算も複雑になりがちです。 そこで今回は柔道整復師の国家資格を有して接骨院・整...
税務調査体験事例

運送業を個人事業として行っていた方の税務調査立ち会い事例(さいたま市南区)

この記事はひらい税理士事務所のブログで紹介しています。
税務調査体験事例

飲食店(デリバリー)の税務調査(個人事業主)

この記事はひらい税理士事務所のブログで紹介しています。
修正申告

税務調査の連絡があった後で調査前に修正申告を行うメリットとデメリット

税務調査の立ち会い業務を受けていると「税務調査(臨場)前に修正申告を行うべきか?」という質問を度々いただきます。 おそらくネットなどで事前に情報収集をする中で調査前に修正申告書を提出することにより加算税の軽減が図られる場合があることを知り、...
修正申告

税務調査で調査官が置かれている状況を意識するだけで結果が変わる!?

いざ税務調査が実施されることになった方は、自分のことで精一杯になり、税務署の職員が置かれている状況について考えが及ぶ方は少ないと思います。 しかし、税務調査では調査官が置かれている状況を意識することにより、納税額の増減や調査期間の短縮に結び...
建設業

埼玉県川口市の税務調査立ち会い事例(個人事業主)

埼玉県川口市は子供を連れて川口グリーンセンターや川口市立科学館サイエンスワールドなどに遊びにいったり、事務所がある越谷市の隣接市であることから、青色申告会や他団体でセミナー講師をさせて頂いたりと、よくお仕事をさせて頂く地域でもあります。 今...
税務調査に関する基礎知識

副業での還付申告を続けていると税務調査は入りやすい。

5月は積み残しの税務調査が多く実施されるため比較的軽めの調査が多いですが、最近特に多いと感じているのが還付申告に対する税務調査です。 社会的にもサラリーマンの副業が認められるようになり、ご自身で確定申告を行っている個人の方が必要経費にならな...
インボイス制度

税務署はインボイスをどう利用しようと考えているのか?お客さんと一緒に考えてみた。

令和5年10月からインボイス制度が導入されます。 このインボイス制度は色々な思惑があると思います。 表向きは、今まで益税となっていた小規模事業者からもしっかり消費税を納めてもらい税収をあげようといったところかと思います。 また、電子インボイ...