個人事業主の税務調査立会い(足立区事案)

北千住

 

足立区は弊所からも比較的近いため金融機関や他士業からもご紹介を頂き、よくお仕事をさせて頂く地域でもあります。

今回はそんな足立区在住の個人事業主様(溶接)の依頼により税務調査の立会いをさせて頂きました。

税務調査のご相談はこちら

 

※本事例は匿名かつ概略のみとし、事実関係を一部変更したうえ、ご本人の承諾を頂いたうえでご紹介しています。

ご相談の経緯

ご相談者の方は税務調査の連絡を受け、近隣の税理士事務所へ相談してみたものの断られてしまい、弊所のホームページをご覧になり連絡を頂きました。

面談の結果、以下の点で当初申告に問題がありました。

 

  1. 売上の一部に計上漏れが生じていた。消費税が簡易課税にも関わらず相殺されていた売上の計上が行われていなかった。
  2. 経費についても一部認められないようなものが混在していた。
  3. 経理は配偶者が行っていたが帳簿等の作成が不十分であり、納税者は配偶者に自身の申告を任せっきりで内容を理解していなかった。

 

個人の税務調査としてはよく遭遇するケースでしたが、上記以外に最も心配なことがありました。

それは取引先がほぼ一社であり、取引先の社長さんが非常に厳しい人であることから、仮に反面調査が実施され、取引先に迷惑がかかってしまった場合には今後の商売にも影響が予測されることでした。

対応について

税務調査による反面調査がその後の取引に影響を生じさせてしまう可能性を少しでも低くするために、売上計上漏れとなってしまった部分と経費の再検討を行い、取引先に迷惑が及ばないように正しい金額で修正申告を行いました。

調査結果

若い調査官2人で税務調査は実施されました。

売上が漏れてしまった理由、経費の妥当性、配偶者がどのように申告作業を行っていたかなどが争点となりました。

ただ、事前に修正申告を行った理由、本人も配偶者に任せっきりでずさんな申告をしてしまっていたことを非常に反省していること、今後は弊所が申告作業をお手伝いするため二度とこのような事態は起こらないを十分説明し、調査自体は午前中で終了となりました。

その後、修正申告内容について飲食代などの一部に修正事項は発生したものの、取引先への反面調査は実施されず、ご相談から調査終了まで2カ月程度で税務調査が終了しました。

終わりに

税務調査では自社だけではなく、取引先にも事情を確認する反面調査というものが実施されることがあります。

特に売上計上漏れの金額が大きい場合などはその可能性が高まります。

日々の暮らしのために出来心で売上除外をしてしまうと取返しのつかない事態になってしまうこともあるため日頃からしっかりした申告を心がけましょう。

 

税務調査のご相談はこちら